食事治療法

食べながら治す病気のいろいろ

  肩こりや頭痛を治すには、

頭痛や肩凝りは、鉄分、マグネシウム、たんぱく質などの不足によって起こるんです

治すことや改善するには食べ物に気を付けましょう。

うずらの卵、サラダチキン、おぼろ豆腐、めかぶ、ヒジキ、鮭の缶詰、納豆や豆腐など

を塩分と糖分をを控えて、料理に活かして下さい。

うずらの卵には、たんぱく質や鉄分、マグネシウムにカリウム、

そして、びたみんB6とビタミンB12が多く含んでいます、

茹でても良いですし、今ではスーパーなどで薫製にしたものも

売っていますからこの機会にぜひお試しください。

サラダチキンは、低カロリーで低糖質なのに、高たんぱく質で、

サラダに最適です。

またこれから風邪の季節になってきまよね、

風邪効く栄養素は?

ビタミンCやD、鉄分、たんぱく質などです、これを食品からとりましょう。

納豆、アセロラドリンク、つみれや枝豆、半熟卵や枝豆、

無調整の豆乳やおぼろ豆腐などを多くとることで

風邪をひきにくくする事や治すこともできるんです、

また風邪をひいてしまった時、少しでも食欲があれば、

お米などのたんぱく質をとりましょう。

冷え症が治る食品は

フランクフルト、タコの串焼き、つみれ、サバの缶詰、ゆで卵など

タコの串焼きは、抗酸化作用と低カロリーで高たんぱく質そのうえ

コレステロールを下げるタウリンも含んでいますので、ダイエットにも効果があるんです。

フランクフルトは、低糖質高でたんぱく質食品で、鉄分も

多く含まれて体への吸収が早く最適な食品なんです、

一度試してみて下さい。

つみれには、DHAやEPAそしてたんぱく質も多く含まれて

冷え性の改善にぜひお試しください。

サバの缶詰は、つみれと同成分が多く含まれていますが

味付けをしてない、水煮缶をおすすめします。

ゆで卵は、ビタミンやミネラルを多く含まれています

砂糖や醤油などを使わないでシンプルな食べ方をしましょう。

今日は、肩こり、風邪、冷え性について書いてみました。

健康であることが一番です、少しでも皆さんのお役に立てれば幸せです、

元気な毎日をお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする