美しいお尻のために

お尻ニキビの解消法

ニキビは顔ばかりにできるわけではなく、

デコルテ、背中、それにお尻にも起こるもの。

更に座った時に痛みがあって気になるのは、お尻にできるニキビなのではないでしょうか?

今日は、お尻ニキビができる原因や解決法などを掘り下げてご紹介して行きたいと思います。

お尻ニキビの原因お尻はデコルテや背中にくらべて

取り立ててベタベタしている部位ではないですが、

何よりも皮脂の分泌が多い部位です。

必要以上の皮脂分泌は毛穴が詰まり、

そこの所にアクネ菌が増加してニキビ発生の原因となります。

そして、

腰かけている間は腰とお尻で体重の大部分を支えているので肌への刺激が強いもの。

また、

柔らかい感じがするお尻の皮膚ですが、

実は表面的には肌が分厚く角質化してしまうことになって。

角質が厚くなると皮膚が毛穴をふさぎ、アクネ菌も増殖しやすくなってしまいます。

つまり、

皮脂分泌がたくさん角質も厚いお尻はニキビができやすい部位。

そのうえ、

お尻の皮膚はとてもデリケイトで、刺激、擦れ、圧迫、

ムレなど、日々ストレスにさらされ続ける部位なので、

清潔に保つことは当然ですが、

お風呂で洗った後はきちんとすすぎ、

適度な保湿を心がけることが重要です。

お尻ニキビの5つの防止

1. ハードな下着を身に着けないサイズの合っていないキツイ下着は

血行やリンパの流れを悪化させてしまいます。

その為に、老廃物が溜まり、お尻にニキビができるんです。

自分のサイズに合った下着を身につけたり、

締め付けのきつい下着の着用はしないようにしましょう。

2. ムレさせないお尻は下着や衣類で非常にムレ易く、

それによって汗がこもりお尻ニキビのきっかけになります。

通気性のよい下着や衣類にすることも大切なんです。

3. 擦れを防ぐお尻は下着や衣服、腰掛ける行為などで擦れが起こりがち。

このようにすることで、現れたニキビがどんどん悪化してしまうことも。

デスク仕事が多い人は特にお尻ニキビの手入れを十分にしてみましょう。

4. 角質をきちんきちんと取り除き代謝の乱れによって角質が厚くなった部分は、

ピーリングにより古い角質を落として新陳代謝を促進することも有効です。

顔用のピーリングできちんきちんとお尻をケアすることも大事です。

5. ストレスをためない人はストレスを感じると緊張状態が生じて、

血流が悪化します。

すると、ホルモン安定を失ってニキビが出来やすくなってしまうため、

ストレスの要因となる睡眠不足や運動不足に対しては注意を払い、

適度にストレスを発散するようにすることも肝心です。

ニキビ跡対策お尻は肌が柔らかく敏感な部位。

ニキビ跡も残りやすく、皮膚が凝り固まったり、

黒くなったりすることも想定されるので、

強引に自分でつぶさないことが重要です。

また、

ニキビ跡には高い濃度ビタミンC誘引体などがおすすめ。

皮脂の分泌を抑制し、ニキビ跡の赤みを阻止すると併せて、

コラーゲンの生成を活発化させる効果も望めます。

その他、顔用の美白化粧品を利用するのも助けになると思います。

いずれも使用するときは、

ニキビ跡の上に的を絞って使用することをお勧めします。

お尻ニキビは、出来るととても恥ずかしいだけに限らず、

進行すると椅子に座ると痛みを感じたりと、

日々の生活に悪影響を与える場合もあります。

よくケアして美尻を維持したいものですよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする