ベッキー(33)の大きな胸や、肉付きのいいお尻

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/02/19(月) 21:15:31.81 ID:tgl2kGd/0● BE:322453424-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
’16年1月に人気バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫スキャンダルでタレント生命を失ったベッキー(33)が、一世一代の大博打に打って出る。
 4月にスタートする『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン)でドラマの主演に抜擢されたのだ。ドラマの原作は、忍びの者を描写させたら天下一と言われる作家・山田風太郎の小説『忍法双頭の鷲』(角川文庫)。徳川家五代将軍・綱吉の時代を舞台に、幕府を脅かす悪人に対して、3人のくノ一が立ち上がるといった物語。
ベッキーの役どころはキリシタンの母を持つハーフだが、生真面目で正義感が強い忍者・お螢を演じる。
 「そもそも時代劇でハーフタレントが主演という設定自体が珍しい。制作サイドは、これまでにない“型破りな時代劇”を作りたい思いから、ベッキーをヒロインに想定し、企画を立ち上げたんです」(ドラマ関係者)

 もっとも、誰もが期待するのがお色気シーンだ。昔から“くノ一”ものといえば、エロチックな濡れ場がセットになっている。
 「同ドラマの原作シリーズは時代劇小説で、何度も映像化され、映画版や’90年代に発売されたVシネマ版には、“お色気要素”がこれでもかと言うばかりに出てくるんです。
例を挙げれば『子宮に毒針を仕込んで、挿入されてきた陰茎に刺す』、『女体の舐めた箇所を女陰のごとく敏感にする』、『犯した女に精神が乗り移る』などなど…。半世紀以上経った現代でも、奇想天外なエロ忍法が様々に登場する。BSジャパンだからこそ実現できた企画です。当然、ベッキーもこのエロ忍法に挑戦しますよ」(制作関係者)

 今回、“くノ一”と化したベッキーの衣装は、かなりソソるものだという。
 「全身網タイツで、意外に大きな胸や、肉付きのいいお尻がプルプルと揺れ、想定外のエッチな体つきに誰もが興奮するはずです」(芸能プロ関係者)

それにしてもベッキーはなぜ、突然お色気ドラマへの出演を決断したのか?
 「仕事がないからです。期待していたバラエティー番組からのオファーはなし。このままでは事務所に立て替えてもらった賠償金、1億円あまりを支払うことができない」(芸能事情通)

 気になるベッキーの出演料、初の濡れ場を晒すお値段だが…。
 「1本200万円~。ドラマ経験がほとんどないベッキーにしたら上出来。この金額には濡れ場やエロシーンはもちろん、DVD化された際のギャラも込み込みになっているんです。まあ、安いか高いか、今後のベッキー次第ではないですか?」(制作会社プロデューサー)

 文字通り“裸一貫”からの出直しとなったベッキー。どこまでさらけ出すのか要注目だ!

https://wjn.jp/sp/article/detail/4113608/

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂